株式会社 森の風工房|青森の工務店。森の風のさわやかさを感じる家族思いの家づくり

お電話でのお問い合わせは…0174-31-3378

風の便り。(公式ブログ)

寒い家には危険がいっぱい。そして、身体にも非常に悪いのです。

2020.3.2 -[ コラム

先日、プロ野球の名監督が突然亡くなりました。亡くなった場所は、「お風呂」です。皆さんもご存知の通り、「ヒートショック」が要因だと思います。

そして週刊誌の記事によれば、名監督がお風呂に入ってから1時間以上経っても出てこない事を不思議に思ったお手伝いさんがお風呂を覗いてみると、浴槽の中で名監督はぐったりしていたそうです。

当社のOB客さんにも冬のお風呂で旦那様がぐったりして亡くなられた話を伺った事がありますが、この週刊誌の記事と全く同じような事を言っておりました。冬場のお風呂って本当に怖いんですね。

あれだけの名監督の最後がお風呂の中でとは・・・寂しい限りです。

そんな中、つい最近の週刊誌と新聞にはこんな記事が載っていました。

まず、上の画像をご覧ください。室温を2度上げると、健康寿命が4歳延びたそうです。

また、下の画像は新聞に載ってた記事なのですが、子供の寝室を暖房して寝ると風邪をひく割合も低くなるという調査結果も出ています。

家の中が暖かい事で色々な病気を防ぐことは前々から言われていたことですが、名監督が突然亡くなられてから(残念な事ではありますが)この様な記事が出てきて、家の暖かさに注目が集まる事はとても良い事だと思います。

ただ、家を暖めるために燃料を大量に使うのであれば意味がありません。家中、何処も温度差のない省エネで快適な住宅、高断熱住宅でなければ意味がないのです。その様な家を造るのは我々の責任だと思っています。

ページトップへ