株式会社 森の風工房|青森の工務店。森の風のさわやかさを感じる家族思いの家づくり

お電話でのお問い合わせは…0174-31-3378

風の便り。(公式ブログ)

長期優良住宅の省エネ基準もクリアする住宅なのですが・・・。

2020.2.24 -[ コラム / 省エネ性能・気密性能

これまで、築17年の省エネ基準住宅をQ1.0住宅にするためにQpexという燃費計算ソフトを使用して色々とシュミレーションしてきましたが

「結局のところは?」

という部分が心に残るのかもしれません。

という事で、簡単にまとめてみたいと思います。

まず、今回のシリーズで皆さんに知っていただきたいことは

「今の住宅は知らないと大きな損をするくらいに進歩している!」

という事です。家のつくり方のチョットした違い、つまり、今までブログで紹介してきた築17年の省エネ基準レベルの住宅(A)が(B)→(C)→(D)の3ステップを踏むだけで、暖房用灯油消費量(建設地:蟹田)が1,468㍑から801㍑、667も減るのです。金額にして60,030円(90円/㍑)も減少します。また、お金だけではありません。快適さも断然違うのです。

しかし、ここで少し厄介な話があるのです。築17年になる我が家でも、省エネ基準の最高ランクを満たした長期優良住宅の基準をクリアしてしまっているのです。

ですが、それを大きく上回るのが(D)の住宅である事を「この家にしてよかった。」に登場して下さっているQ1.0住宅にお住いの皆さんが実際に証明してくださっております。

こちらの本、ご連絡いただければ「無料プレゼント」いたします。

そして、そして、

「お金がいくらかかるのか?」

という事については、次回のブログで書きたいと思います。

ページトップへ