株式会社 森の風工房|青森の工務店。森の風のさわやかさを感じる家族思いの家づくり

お電話でのお問い合わせは…0174-31-3378

風の便り。(公式ブログ)

実際に暮らしてみた暖房用灯油消費量と燃費計算ソフトでは。

2020.2.3 -[ コラム / 省エネ性能・気密性能

さて、築17年の我が家(省エネ基準レベル)を灯油半分の家にしていく前に、Qpexがどれだけ実生活に近い燃費を算出する事ができるのかという事を紹介いたします。

Qpexの最新版では、我が家のが暖房に必要とする一冬の灯油消費量は、1,468㍑になります。

(全館連続運転 暖房設定室温20℃での灯油消費量になります。)

そこで、ここ数年の灯油消費量のデータを集めていましたので紹介いたします。

2014年(平成26年)・・1,675㍑

2015年(平成27年)・・1,326㍑

2016年(平成28年)・・1,578㍑

2017年(平成29年)・・1,471㍑

2018年(平成30年)・・1,636㍑

2019年(平成31年)・・1,550㍑

という、実際の灯油消費量でした。寒波が襲来してくると2~3日、一日中陽射しもなく氷点下の日もあるので室温を上げたりする結果、灯油消費量も増えている年もあります。

灯油1㍑/90円として、

2014年(平成26年)・・¥150,750円。

2015年(平成27年)・・¥119,340円。

金額にして、¥31,410円も1年間に違います。今更ですが、灯油を少し使い過ぎですね。しかも、一冬に¥150,750円も・・。

そこで、この我が家をどの様にしたら燃費半分の家に出来るのか。そして、燃費半分になった家はQ1.0住宅のレベルでどのくらいになるのか?をQpexを使って紹介していきます。

ページトップへ