株式会社 森の風工房|青森の工務店。森の風のさわやかさを感じる家族思いの家づくり

お電話でのお問い合わせは…0174-31-3378

風の便り。(公式ブログ)

寒い家の中で・・。

2017.11.23 -[ コラム

我が家の暖房用ボイラーが故障してから2週間になります。

M菱電気のボイラーなのですが、会社の事情で灯油熱源の製品の製造を全くやめてしまったらしく、最初の故障から1週間後にやっとメンテナンスに来てくれて、その後、半日は復旧したのですが、直ぐにボイラーは止まってしまいました。

今週初め、新しいボイラーを発注したのですが、何時来るのかは分かりません(^^;

 

そこで、高断熱・高気密住宅ではまるべく使用してはいけないストーブを使用して生活しております。

この2台のストーブでそこそこ暖かくはなるのですが・・・。

やっぱり一酸化炭素中毒で一家全員が亡くなるというのは避けたいので、ストーブを点けながらレンジフードとお風呂の換気扇はフル稼働させております。

また、火事になるのも怖いので、暖房は早く止めて家族全員早く布団へ直行します。

(ん~、大体22時頃ですね!)

 

朝5時に起きると部屋の室温は画像の通りです。

う~、寒いよ~!!

 

そして、窓には大量の結露。

この様なストーブを使うと、大量の水蒸気が発生しますので家の中で断熱性能の悪い部分には結露が発生します。

幸い、我が家は窓ガラスが一番の弱点の様でした。

もしこれが壁の中で結露が発生していれば木材を腐朽させ、壁の中から家をダメにしちゃう原因になってしまいます。

 

ボイラーが故障してから2週間、今までどれだけ快適な暮らしだったのかと思い知らされております。

また、それと同時に考えさせられる事も沢山ありました。

またの機会に、その事を書き綴っていきたいと思います。

 

当社のキャッチフレーズは間違いではありませんでした(^^)

ページトップへ