株式会社 森の風工房|青森の工務店。森の風のさわやかさを感じる家族思いの家づくり

お電話でのお問い合わせは…0174-31-3378

風の便り。(公式ブログ)

青森ヒバに杉?

2017.11.8 -[ コラム

本当に寒くなってきました。

雪が降ってくるのも時間の問題ですね!

私の車はタイヤ交換を済ませていますが、妻の車はまだなので、今週末にでもやっちゃおうと思っています。

 

一か月ほど前から、自宅に懸垂が出来るバーを設置しました。

バーの持ち方で5種類の懸垂が可能です。

腕を大きく広げる、中くらい、狭く、逆手、握りバーを持つ、という五種類です。

この懸垂バーの下を通るたびに懸垂をやっているのですが、最初の頃は5回くらいで限界でしたが、腕を大きく広げて行う懸垂以外は余裕で10回は出来るようになっちゃいました。

「継続は力なり」と言うのでしょうか?

中一娘、小3息子も競う様に懸垂をやっています。

妻はやりませんが・・(笑)

 

 

さて、少しずつ紹介してまいりました長期優良住宅の内部ですが、今回で最後となります。

(近々、施工事例で更新します。)

今日は和室です。

 

今まで、青森ヒバの柱に杉の建具って論外でしょ!と思ってきましたが、今回、それにチャレンジしてみました。

青森ヒバと杉の建具って相性が良いんですね!!

全く違和感がありません。青森ヒバを使うとどうしてもコストUPになっちゃいますので、これからはこのパターンでいこうと思います。

また、和室は柱の見えない壁で仕上げていますので、天井にはシナ合板を貼って、少しだけですが和室っぽさを出してみました。

これから当社で造る和室の標準仕様です。

ページトップへ