株式会社 森の風工房|青森の工務店。森の風のさわやかさを感じる家族思いの家づくり

お電話でのお問い合わせは…0174-31-3378

風の便り。(公式ブログ)

建物の耐震。

2016.5.13 -[ コラム

4月14日と16日の2回、震度7という大きな地震が発生しました。

Wikipediaによると、1995年(平成7年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、2004年(平成16年)の新潟県中越地震、2011年(平成23年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に続いて、4回目・5回目の観測事例となったそうです。

 

ボクの立場で、地震の種類とか被害状況の論評は控えさせていただきます。

しかし、ボクの立場で出来る事が何個かありました。

今日はその事について書いていきたいと思います。

 

ボクは青森に住んでいて新聞は地元紙である東奥日報を読んでいます。(朝に)

その他に全国紙1紙を読んでいます。(午後9時から)

 

地元紙では書かれていなかった記事ですが、全国紙ではこんな事が1面で大々的に書かれていました。

img185

↑これは連休前の新聞の記事です。

赤い囲みに注目してください。「新基準前」と書かれています。

我々、建築の業務に携わっている人からすれば一般的な言葉ですが、一般の方々は分かるでしょうか?

 

img186

↑次に紹介するのは、最近の新聞記事です。

赤い囲みに注目してください。「新耐震」「00年以降」と書かれています。

我々、建築の業務に携わっている人からすれば一般的な言葉ですが、一般の方々は分かるでしょうか?

はっきり言って分からないと思います。

実際に業務に携わっていたりする人でも、何が何だかという人も少なくないはずです。

 

そんな事から、2~3回に分けて資料も交え、もう少し分かりやすく解説していきたいと思います。

 

本格的な解説は次回からにさせていただきますが、上の新聞記事にあります、00年以降に建てられた一般木造住宅でも全壊しているという事で、業界でも少しざわつき始めています。

 

ちなみに、ボクは下記の講習も受けています。

 

img187

 

ページトップへ