株式会社 森の風工房|青森の工務店。森の風のさわやかさを感じる家族思いの家づくり

お電話でのお問い合わせは…0174-31-3378

風の便り。(公式ブログ)

太陽光発電は救世主ではありません!

2015.6.9 -[ データ・グラフなど

宮城県柴田町のQ1.0住宅-Grade2、6月分の電気代です。

 

1433545947052

↑ 請求金額¥5,185円。

 

1433545959958

↑ 購入金額¥13,394円。

 

オール電化の家なので光熱費はゼロです。

¥8,209円の貯金ができました。

 

今までの電気代はこちらのブログにてご覧いただけます。

↓  ↓  ↓

http://blog.livedoor.jp/morinokazekobo/archives/cat_1170676.html

 

よろしくお願いいたします。

 

宮城県柴田町の家では、太陽光発電用貯金通帳を専用に作っています。その費用は、子供のため、もしくは家族での本当に特別なイベント事に使うようにと、「絶対に手を付けないように!」忠告しています。

 

 

「太陽光発電で発電した電気を売って住宅ローンの返済に充てよう!」

なんていう、宣伝や言葉を聞いたことがあると思います。

(今でもあるかもしれませんが・・・。)

上記の画像を見てもらうと一目瞭然ですが、一般的な住宅、そして一般的な家庭では無理な話なのです。

宮城県柴田町のQ1.0住宅-Grade2は、比較的多めの太陽光パネルを屋根に載せることが出来ましたが、それでも3.5KWの太陽光発電です。

一般的な家庭では、3.0KW前後位ではないでしょうか?

 

 

ここからは仮の話になりますが・・・

太陽光発電設置費用としまして、

太陽光パネルは1KW40万円~50万円位だとして、3.5KW×50万円=175万円位になります。

太陽光パネルが2倍の7.0KWですと、7.0KW×50万円=350万円。(3.5KW×2倍=7.0KW)

 

2倍にした太陽光発電の発電量をお金に換算してみて、

購入電気量を単純に2倍して、13,394円×2=26,788円。

上記金額から請求金額を引きますと26,788円-5,185円=21,603円となります。

 

この購入金額、¥21,603円だけを見ると結構な金額ですが、一年中この購入金額になるわけではありません。

太陽光発電は、3月~5月に掛けて一番効率よく稼働します。夏場は逆に発電効率が悪くなるんですよ!

冬場はどうでしょう?

暖房を使うし、日照時間が短くなって使用する電気の量が増えます!

更に、青森だと雪が降るし、太陽光パネルに雪が付着するしで発電量は大袈裟に期待できません!

当然、発電量も少なくなるので購入金額も減るか、無くなります!

 

 

まとめとしまして・・・、

太陽光発電は1年通して、安定した発電はありませんし、季節によってもばらつきがあります。それを賄おうと、太陽光パネルの設置枚数を多くすれば、多額の設置費用が掛かります。

しかし、どうしても太陽光発電を屋根に載せたいという方のために・・・。

 

僕なら、

①光熱費(特に暖房費)を減らす住宅を第一に考える!

②建築コストも含めた家づくりの資金計画をしっかりと行う!(ファイナンシャルプランナーにも相談する。)

③住宅ローンの返済計画が出来て、資金に余裕があれば太陽光発電も計画に入れる!

こんな順番ではないでしょうか。

元々、光熱費(特に暖房費)が掛からない家を計画しているので、太陽光発電は容量が小さくても構わないという事です!!

 

 

僕は前回、「住宅ローンは光熱費も含めて考えよう!!」とブログを書きました。

合わせて読んで頂ければと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

ページトップへ