株式会社 森の風工房|青森の工務店。森の風のさわやかさを感じる家族思いの家づくり

お電話でのお問い合わせは…0174-31-3378

風の便り。(公式ブログ)

転ばぬ先のサーモカメラ!

2015.3.13 -[ リフォーム

3月11日、東日本大震災から4年目の日に盛岡市内で開催されたセミナーに参加してきました。

その日は爆弾低気圧のお蔭で、盛岡市内もかなりの積雪がありました。

そういえば、4年前も雪が降っている映像がテレビで流れていたなと思いながらセミナーに参加してきました。

 

さて、盛岡では「新建ハウジング」という業界誌の、三浦祐成 社長のセミナーを聴いてきました。

これまでも三浦さんのセミナーを聴いてきましたが、その度「こうしてはいられない!」という気持ちにさせられる話をしてくれます。

 

2015-03-13 15.38.23

↑今回のテーマはこちらです。

参加して、とっても良かったです。

気持ちの中でモヤモヤしていたものが無くなりました。

やる事がはっきりしました。

ターゲットが決まったので、それらに向けての取り組みを強化していきます。

 

今回は盛岡市でのセミナーで参加者も少なかったため、名刺交換をし、少しだけ会話をさせていただきました。

Facebookでは、友達にもなっていただきました!

 

 

いつもの事ですが前置きが長くなってしまいました。申し訳ございません。

 

先日、

「リビングの床が冷たいから断熱材を入れれば暖かくなりますか?ついでにリビングも暖かくなれば・・・。」

という事で、お客さんから電話があり自宅に行ってきたのですが、残念ではあるのですが、仕事をしないことにしました。

その方が良かったのだと思います。

お互い、楽しくなければいけませんもんね!!

 

 

今回は

「“ただ“断熱材を入れてもリビングも暖かくならない!」

という事をテーマにしていきます!

 

このブログを読んでもらう事により、床・壁・天井に断熱材を入れたり、吹き付けたりするだけでは暖かい部屋(家)にならないという事を理解し、自分の家を暖かい部屋(家)にしようと考えている皆さんは、間違った選択をしなくなります。

 

皆さんが折角、お金を掛けて暖かい部屋(家)にリフォームをしようと考えているのであれば、実際に暖かい住宅を手掛けた大工さんや工務店の方に工事を依頼する事がとっても大事です!

なぜなら、暖かい部屋(家)にするためのポイントをしっかりと理解しているからです。

 

当社は自信があります!なぜなら、

「これまで数件のお客さんの家をリフォーム工事で暖かくしてきた実績があるからです!」

また、「暖かい家づくりに真剣に取り組んで来たからです!」

 

ここで暖かい部屋(家)にする3つのポイントを説明します。

①床に断熱材を“ただ“入れても部屋は暖かくなりません!

2015-03-13 15.40.52

↑ 上記画像の赤丸部分を注目して下さい!

この部分から冷たい空気が侵入してきて部屋(家)の中を冷やしています。

壁の中を冷たい空気が下から上へと移動しているという事は、壁の中で温まっている空気も上の方へ移動します。

また、コンセントBOXなどの隙間からも室内の暖かい空気が壁の中に入り込みますし、それとは逆に、冷たい空気が室内にも入ってきます。

この様な空気の悪循環が生まれてきますので、一向に部屋(家)は暖まらないのです。

壁際の床に寝そべってみると分かると思いますが、寒くて数分もその場所に居続ける事は出来ませんよね!

 

その証拠を示すサーモカメラの画像があります。

 

T00076VB

T00076IR

↑この2つの画像は今回、相談を受けたお客さんの家の壁の画像です。

床付近の温度は約13~14℃位で、画像の中にある最高気温の文字は22.6℃という数字を示していますね!

床からの高さが2mもない中で、約10℃近くもの温度差が生じているのです。

最初の画像の赤丸部分と照らし合わせて下さい。直ぐに理解出来るはずです!

(この画像を見たお客さんはビックリです!!)

 

②実際に暖かい家づくりを手掛けている大工さん、工務店の方に相談する!

リフォームで部屋(家)を暖かくするという事は簡単ではありません。

暖かい家の新築工事を真剣に手掛けてきた大工さんや工務店の方でなければ出来ない仕事です。

しっかりと業者さんを見極めましょう!!

 

③家づくりの勉強を真剣にしているか、していないか!

北海道の大工さん、工務店の方は本当にまじめに勉強しています。

日本の中で特に寒い地域という事もあると思いますが、官・民一緒になって暖かい家づくりに取り組んでいます。

その結果、この様な冊子も出ています。

2015-03-13 16.25.37

僕も北海道に研修に行った際、入手しました。

というよりも、この冊子を手に入れなければと思い北海道に行ってきました。

とても参考になる冊子です。

 

結論としまして、暖かい部屋(家)を手に入れようとするのであれば、これまで真剣に暖かい家づくりをしてきた大工さん、工務店に必ず工事を依頼しなければいけません!

その結果、皆さんも暖かい部屋(家)で暮らす事が必ず出来るのです!

 

また、現在お住まいの家の環境を知ることも大事です。

そんな時は、サーモカメラではないでしょうか!サーモカメラは嘘を付きませんよ!!

寒い時期に皆さんのご自宅もサーモカメラで写してみてはいかがでしょうか?

「調べてみたいっ!!」

という方は当社ホームページの「お問い合わせ」よりご連絡ください!

当社はお客さんとのアポイントが無い限り、強引な営業、突然の自宅訪問はいたしませんのでご安心ください!

 

 

以上のような事をより良く理解する事が出来るセミナーが青森で開催されます。

img051

来週、3月21日・土曜日、青森市にあります、

フェスティバルシティーアウガ5階、カダールにて、「市民住宅セミナーinあおもり」が開催されます。

講師は、室蘭工業大学名誉教授でNPO法人 新木造技術研究協議会理事でもあります鎌田紀彦先生です。

高断熱住宅の第一人者でもある、鎌田先生のセミナーに参加してみませんか?

 

「ちょと待て!ちょと待て!お兄さん~!!」

という方、明日3月14日・土曜日、午前10時30分より30分間のテレビ放送もございます。

その放送を見ていただいてからでもよろしいので、ご連絡していただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

全ての画像はクリックで大きくなります。

 

 

ページトップへ